失敗しない収納プランは、引越し前のひと手間で決まる!

この春から、新生活をスタートさせる方も多いと思います。
憧れの一人暮らし?初めての寮生活?慣れない単身赴任?引っ越し準備に慌しくなる頃ですね。
新居で失敗しない収納プランは、引っ越し前から始まっています。

収納用品はどうしても必要なら買い足す

引っ越し準備は慌しいうえに、新生活への期待が膨らみ、よく考えないまま何でも買い揃えたくなるものです。雑誌のようなシンプルライフをスタートさせるつもりが、モノにあふれた「片づかない暮らし」になってしまう恐れがあります。

そうならないために、まずは最低限必要なモノで生活を始めてみて、どうしても必要なら買い足していくことをおすすめします。

収納場所は面倒がらずにとにかく測る

買い足すときに大切なことは、測ること。見た目や価格だけで判断すると失敗する確率は高くなりますので、面倒がらずにきちんとサイズを確認しましょう。採寸の基本は、幅・奥行・高さ。形が一定でないものは、狭いほうと広いほうの両方確認することが大切です。

また、収納したいモノの採寸だけではなく、収納したい場所の採寸も忘れずに。どんなにお気に入りのモノでも、収納したい場所に入らなければ無駄な買い物になってしまうことも。特に棚の蝶番部分や扉が閉まる奥行きかどうかは大切なポイントです。
計測の手間を惜しまないことが、失敗しない収納プランの近道です。

収納プランは「○○だろう」では失敗する

「置けるだろう」「入るだろう」は、失敗の一番の原因です。運よく置けた、入ったとしても、出し入れする際の動作に空間の余裕がなければ、モノの出し入れがストレスになり、出しっぱなしに繋がってしまいます。
できれば簡単なイラストに寸法を書き込込んで、サイズ感を把握しておくと、お店での運命の出会いをムダにしないで済むでしょう。
ひと手間かけることで、収納プランのイメージがしやすくなります。

失敗しない収納プランは、引っ越し前のひと手間で決まります。
新生活で引っ越しが伴う場合は、必要なモノを見極める絶好のチャンス。まずは不要品を潔く手放して、身軽になることも必要です。
新しい暮らしを具体的にイメージして、自分にとって必要なモノを残すことで暮らしやすさ、使いやすさを実現してください。