今よりもっと、暮らしを愉しく

店内イメージ

食べること、装うこと、勤しむこと、寛ぐこと。毎日の小さな出来事の中にこそ、愉しみは溢れています。

狭いから、古いから、忙しいから…と理由をつけて、使いにくいことや不便なこと、本当はこうしたいのにという理想の暮らしを諦めるのは、とてももったいないことです。

ほんの少しの意識と行動で、今よりもっと暮らしを愉しむ、心のゆとりを手に入れませんか。

持ちすぎない暮らし

店内イメージ

「吾唯知足」という、禅の精神を表す格言があります。
「われ ただ たるを しる」と読み、足ることを知る人は貧しくても心豊かであり、足ることを知らない人は、豊かであっても貧しい。という解釈の言葉です。

モノを大切にすることは、使わないままたくさん抱え込むことではありません。
必要なモノを必要な分だけ、きちんと使い切ることこそ、豊かな暮らしといえるのではないでしょうか。

storage-plusは「今よりもっと、暮らしを愉しく」をコンセプト に、暮らしに合った整理収納をご提案します。
お客様にとって必要なモノや適正な量を、お客様自身に見極めていただけるよう、またご自身で継続して暮らしを整える術を身につけていただけるよう、お手伝いさせていただきます。