xChange(エクスチェンジ)とは

xChange(エクスチェンジ)は、「まだきれいだけど自分ではもう着ない服」にエピソードを添えて、次に着てくれる誰かへ託す、モノとキモチを繋ぐ交換会です。

まだ痛んでいないけれど、もう着ない服。
リサイクルショップでも良い値はつきそうにないし、ネットフリマは手間がかかって面倒。手放したいけれど、捨てたくはない。だからクローゼットが片づかない…。

そんな堂々巡りに陥る前に、着ない服を捨てずに活かしましょう。フリマでもバザーでもない、xChangeはお金をかけないプライスレスな空間。みんなで持ち寄って交換し合えば、ほらこんなに楽しい!!こんなに嬉しい!!

xChangeは、2007年、丹羽順子さんが発起人となり東京で生まれた「人や地域の繋がりを豊かにし、所有から共有へ、循環型社会へのシフトを促すプロジェクト」です。「服を交換し合いながら生まれる会話や人とのつながり」「エピソードタグから伝わるあたたかな気持ち」を何よりも大切にしています。

 

ご参加についての大切なお願い

皆さんが気持ちよく参加するためのお願いごとです。

【エクスチェンジは不用品回収の場ではありません】
【転売目的でのご参加はお断りいたします】

【お持ち込みできるもの】
洗濯済みで、破れ・ほつれ・シミのない服
(メンズ・レディース・帽子・手袋・スカーフ類)

【お持ち込みできないもの】
靴下・下着・バッグ・靴
破れ・ほつれ・シミなど傷んでいる服

【持ち込み/持ち帰り制限】 
おひとり5点まで
 ※持ち帰り用のエコバッグをご持参ください。

ご参加の流れ

①衣類を持ち込む(ひとり5点まで)
洗濯済みで、誰かに喜んで着てもらえると思うアイテムをご用意いただき、会場へ直接お持ちください。

②エピソードタグを書く
会場でご用意した「エピソードタグ」にメッセージをご記入ください。
エピソードタグは、持ち込みアイテム1点ごとにご記入いただきます。
 ※エピソードタグとは?
  服の思い出、特長や着こなし方など、次の持ち主となる方へのメッセージです。
  メッセージを書くことで、モノの価値や思いを繋ぎます。
③エピソードタグを付ける
持ち込みアイテム1点ごとにエピソードタグを1つ付けてください。

④持ち帰りたいお気に入りを見つける(ひとり5点まで)
着てみたいお気に入りが見つかったら、エピソードタグに目を通してみてください。エピソードタグに書かれたメッセージが、前の持ち主の方からの思いです。

⑤サンクスメッセージを残す
持ち帰りたいアイテム1点ごとのエピソードタグに、サンクスメッセージを残してください。後日web上に公開され、前の持ち主の方があなたのメッセージを読むことができます。
さぁ、今度はあなたが新しい持ち主さんです!

残ったアイテムはどうなるの?

お持ち帰りの方がいなかったアイテムは、次回以降のエクスチェンジで引き続き出品いたします。